JP EN

ARRI
アレクサ LF & シグネチャープライムレンズ

ARRI CR 2018 - ALEXA LF - SP 75 - white - left
LF System Icon - POS - Adverts
ARRIから待望のフルサイズセンサー4K対応カメラ、ALEXA LFが登場。35mmフルサイズより僅かに大きい、36.70 × 25.54mm、4448 × 3096 LFセンサーを搭載。ALEXA LFではLF OPEN GATE(90fps対応)と呼ばれるフルセンサー収録の他に、LF16:9(31.68×17.82mm 3840 × 2160 =UHDサイズ、90fps)と、LF2.39:1(36.70 × 15.31mm 4448 × 1856=シネスコサイズ、150fps)の計3つのセンサーエリアを選択可能。収録はARRI RAWとProResで、ARRI RAWはSXRキャプチャードライブで収録、ProResはSxS PRO+との両方に収録可能。
issue006_new_body002
ALEXA LFのキャッチコピーである「ENLARGE YOUR VISION = ビジョンを拡大する」には、“Vision” = 大きく「視野・視界・見えるもの」と「未来像・理想・ビジョン」の2つの意味と、より大きなセンサー、より大きなイメージサークルでその両方を「広げる」という意味がこめられた。シンボルマークの黄色い「」(カギカッコ)はより大きなセンサーを、黄色い円はより大きなイメージサークルが示されている。
またALEXAシリーズの既存の周辺機器、アクセサリー群もそのまま流用可能。操作パネル、ワイヤレストランスミッターなどのインターフェースも同じ仕様で操作できる。今春から出荷予定。
ARRI CR 2018 - ALEXA LF - SP 75 - white - right
ARRI CR 2018 - ALEXA LF - SP 75 - white - right back
issue006_new_body001
レンズマウントもラージフォーマットに対応するLPLマウントを新たに発表。このLPLマウントに対応するレンズとして、新たにSIGNATURE PRIME LENSシリーズ16本(12〜280mm)を同時発表。内14本がT1.8で統一(200mm T2.5、280mm T2.8)、筐体はマグネシウム素材により剛性と軽量化を実現。レンズには「Made in Japan」の文字があり、日本国内で製造されている。また従来のPLマウントレンズも使用できるよう、PL-LPLアダプターも出荷当初から用意される。本年6月に35, 47, 75, 125mm T1.8が出荷、以後2019年夏までに全ラインナップが完成予定。
MADE IN JAPAN
ARRI ALEXA LF
公式サイトはこちら

ナックイメージテクノロジー(日本国内取扱い)
公式サイトはこちら