JP EN

お弁当GO!

- わたや ごちそうデリカ 安芸宮島弁当/ カフェギャラリー茶蔵 季節の野菜たっぷり茶蔵弁当 -

山下 ミカ

UP

わたや ごちそうデリカ 

安芸宮島弁当

issue012_column03_body001

住所 / 〒739-0437 広島県廿日市市大野中央3-3-5

TEL / 0829-50-0850

issue012_column03_body002

宮島のある広島県廿日市(はつかいち)市に本社があり、2000年から仕出し部門としてごちそうデリカが始まる。旬の素材を使い、残さず美味しく食べられる様々なお弁当を作っています。

安芸宮島弁当はふんわりととした穴子とご飯にしみこんだタレが美味しい「穴子飯」と、「牡蠣のオイル漬け」「小イワシのてんぷら」など広島らしさをふんだんに取り入れた豪華メニュー。自社開発の牡蠣のオイル漬け、など素材のこだわりと、彩りも美しいので、見ても食べても満足できるお弁当。配達はエリアごとに注文金額が決まっていますが、直接手渡しで配送を行っています。

 

カフェギャラリー茶蔵 

季節の野菜たっぷり茶蔵弁当

issue012_column03_body004

住所 / 〒704-8116 岡山市東区西大寺中3-9-25

TEL / 086-206-2283

issue012_column03_body003

「ALWAYS 3丁目の夕日」「魔女の宅急便」「この世界の片隅に」など数々の映画やTVドラマのロケ地として有名な、岡山県西大寺の五福通り。看板建築の商家が並び、昭和の雰囲気が残る風情のある街並み。ここでの撮影時にロケ弁を提供しているのがカフェギャラリー茶蔵。

ロケ弁は映画制作スタッフの希望を聞いて作られており、最近では野菜多めのお弁当を要望されることが多く、メインと揚げ物とし、サイドは全てお野菜にした彩り豊かな、家庭料理のような優しい味のお弁当を提供しています。通常はカフェでランチ営業も。五福通りのロケ地マップもあり、映画制作の手伝いをしてくれる商店街メンバーもいて、映画制作を全面的にサポートしているエリアです。