JP EN

8/27 キヤノン EOS R5など3機種の最新ファームウェア公開

issue001_feature01_body001

キヤノンは8月27日、EOS R5の動画撮影における温度検知および撮影可能時間制御の改善など、各種機能の内容を盛り込んだファームウェアを公開した。

対象機種は以下の3機種(カッコ内は各機種のファームウェアのバージョン)。

○EOS R5(Version 1.1.0)

○EOS-1D X Mark III(Version 1.2.0)

○ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-R10B(Version 1.1.0)

各機種ごとのファームウエアの内容は以下の通り。

【EOS R5】

1. 映像をカメラの画面に表示しながら、HDMI出力による映像表示を行う設定時に、

[温度上昇緩和:入]が設定可能に。

2. 一部のRFレンズを使用した動画撮影におけるレンズ内手ブレ補正の制御を改善。

3. 表示言語「英語」設定時:「スローシンクロ」の設定画面における情報表示を修正

4. FTP転送時の接続性を改善。

5. 一部のCFexpressカードを使用した際にカードへアクセスする時間を改善。

6. 動画撮影において、温度検知および撮影可能時間制御の改善。これにより常温環境下で短い時間の撮影と電源OFFを繰り返した際の撮影可能時間を改善。

7. 「日付/時刻/エリア」設定をしていないと、動画撮影可能時間が正しく表示されない現象を修正。

【EOS-1D X Mark III】

1. ブラウザリモート使用時

-ブラウザ上の再生画面:画像一覧表示の自動更新が可能に。

-ブラウザ上の撮影画面:

動画記録サイズ・ハイフレームレートの設定が可能に。

動画撮影モードの切り替えが可能に。

動画撮影ボタンを押すと、すぐにライブビュー映像が表示されるように修正。

2. 瞳AFの検出精度向上により、主被写体の人物の顔が今までより小さい状態からでも

瞳を安定的な検知が可能に。

3. ファインダー撮影時、下記のいずれかの設定でシャッターが切れなくなる、または

カメラの操作ができなくなる現象を修正。

– ワンショットAFで、測距エリア選択モードをゾーンAF/ラージゾーンAF/自動選択AFに設定

– AIサーボAFで、スマートコントローラーによるAFダイレクト選択を設定

– 操作ボタンカスタマイズで撮影機能の登録と呼出を割り当て

4. FTP転送時の接続性を改善。

5. WFT-E9使用時のWi-Fi接続性を改善。

6. 一部のCFexpressカードを使用した際にカードへアクセスする時間を改善。

【WFT-R10B】

1. FTP転送時の接続性を改善。

2. Wi-Fi接続性を改善。

3. 特定の設定の組み合わせにおいて、ネットワークに接続できないことがある現象を修正。

■新ファームウエア公開URL

・EOS R5

https://cweb.canon.jp/drv-upd/eosd/eosr5-firm.html

・EOS-1D X Mark III

https://cweb.canon.jp/drv-upd/eosd/eos1dxmark3-firm.html

・WFT-R10B

https://cweb.canon.jp/drv-upd/eosd/wftr10b-firm.html

 

8/21 パナソニック G-SDIなど多彩な出力インターフェイスを搭載業界初、NDI/SRT/FreeDに対応した 4K/60pリモートカメラAW-UE100W/Kを発売

issue001_feature01_body002

パナソニックは、コンパクトなボディに4K/60p撮影や12G-SDI出力などの多彩な機能を搭載した4Kインテグレーテッドカメラ「AW-UE100W/K」(925,000円 税抜、発売2020年8月)を8月に発売した。

NDI、SRT、FreeDの3つのプロトコルに対応。NDIは、4K映像を最大約250Mbps、フルHD 映像を最大約125 Mbpsで伝送可能なHigh bandwidth NDIに対応。低ビットレート下で安定した映像伝送を実現するHigh efficiency low bandwidth NDI|HXも装備。

SRT(Secure Reliable Transport)は、公衆回線を用いて安全で安定した映像伝送を実現する次世代映像伝送プロトコルで、映像データを暗号化し伝送することで、高いセキュリティ性を確保し、伝送中に失われたパケットを自動検知して再送する「パケットロスリカバリ機能」により、乱れのない安定した映像伝送を実現する。また、柔軟で適応性の高いバッファ管理システムにより、ビットレートが不安定なネットワーク環境でも安定した映像伝送が可能だ。

光学24倍ズームに加え、4Kモード時でも28倍、HDモード時で36倍までの超解像ズームができるiズームを搭載。1.4倍、2倍のデジタルエクステンダーズームも装備。水平74.1°の広角撮影が可能なため、限られた設置スペースでも全体を広く写せる。

3840×2160の4K/60p撮影が可能。12G-SDI、3G-SDI、HDMI、IPの4種類の出力インタフェースを搭載し、4K/60pなどの様々なフォーマットで出力でき、幅広いシーンでのシステム構築・運用が可能。カメラの回転部には新開発の高精度ダイレクトドライブモーターを採用し、パン・チルト時の動作性、応答性、静音性が向上している。

回転部に高精度のダイレクトドライブモーターを搭載することで、0.08°/sの低速から180°/sの高速パン・チルトまでカバー。高い動作性で狙ったポイントに正確に静止する応答性を確保しながら、NC30以下の静音性を実現しており、コンサートホールや収録スタジオなどの静かな場所でも使用可能。

4K/60p撮影をリモートで実現したことで、撮影現場の省人化と高品位な映像撮影の両立を実現。さらに、リモートで人が操作することにより、人が操作するカメラでは設置・操作が難しい場所やシーンの撮影も可能になっている。

ライブ動画配信やWEBセミナー、遠隔授業など、動画コンテンツの制作・配信の必要性が高まっている中、多様な映像伝送方式やストリーミング配信に対応することで、放送局、各種イベントや教育機関、一般企業など、多様な現場での撮影・収録・配信で使用でき、オンラインコンテンツやオンラインイベント開催などでの利用も対応する。

商品ページ:https://panasonic.biz/cns/sav/products/aw-ue100/index.html 

 

9/4NewTek社 TriCaster2Eliteの国内出荷を開始

issue001_feature01_body003

NewTek社は9月4日より、NewTek社の新しい主力製品であるライブビデオ制作システムTriCaster2Eliteの国内出荷を開始した。

最先端のビデオ制作機能に加え、スタジオ/教育機関/企業などで使われている、主要なビデオ通話アプリケーションに対応。希望小売価格は4,598,000 円(税込)。

Skype/MSTeams/ZoomMeetings/GoToMeetingなど、ほぼ全てのWeb会議ツールに対応。さらに、NDI/SRT/RTMP/RTP/HTTP/SRC、スマートフォンなど、あらゆるIPビデオソースに対応している。従来のSDIソースにも対応。

4K60p対応のビデオフォーマットを自動的に認識する、32系統の外部入力を備えた60×45のビデオクロスポイントを搭載し、各入力にはProcAmp機能、独立したキーイングとクロップ、自動化用のトリガーを装備している。

8系統のHDビデオミックス出力、または2系統の4K60pビデオミックス出力、メディアプレーヤーのダイレクトNDI出力、複数のストリーミングエンコーダー、8系統すべてのSDI入力をNDIにリアルタイムに変換、8系統のレコーダーは独立して選択可能で、収録後すぐに再生できるなど多彩な機能を持ち、各機能を併用できる。

AdobeCreativeCloudツールとの統合により、8種類のミックス/エフェクト(M/E)を4つのレイヤーで実施可能。また、マイクロソフトのWordファイルを使ったシンプルなプロンプターベースのスクリプト機能を装備している。AdobePhotoshopファイルからリアルタイムでレンダリングしたデータをVR、AR合成で利用できる。すべての入力に対するフレーム同期、バッファ内のGIFアニメーションサポート、ソーシャルメディアへのエクスポート、DANTEおよびAES-67のサポートを含むオーディオミキシングとルーティングなどの機能を備えている。

製品サイト

https://ask-media.us4.list-manage.com/track/click?u=57a6cd30dc5354eb44987b506&id=46262a2dc8&e=da692f54b2

 

8/27 スマートフォン端末で8Kストリーミング配信を楽しめる「My 8K」On Demand、アストロデザイン、NHKエンタープライズ、カディンチェの3社が共同開発

issue001_feature01_body004

アストロデザインは、NHKエンタープライズ、カディンチェとともに、スマートフォン端末で8Kストリーミング配信を手軽に楽しめるアプリケーション「My 8K」On Demandを開発したと発表した。

8K(7680.4320)で撮影した映像をストリーミング配信。スマホやタブレット端末にiOS/Androidアプリケーションをインストールして視聴できる。

全体を1台の固定8Kカメラで俯瞰的に撮影し、通信の負荷を抑えた高精細映像の「切り出し」配信をすることで、撮影コストを削減。拡大しても細部まで精細に見ることが可能。視聴したい映像の範囲やズーム率を視聴者が自由に変更できるため、視聴者が観たい箇所を好きなだけ視聴できる。

8Kカメラで撮影した映像データはあらかじめ、エンコーディングをしてサーバにアップロードする。アップロードした動画は、iOS/Androidアプリケーションを通して視聴者にストリーミング配信される。

視聴する範囲のみを切り出し、最低限の映像データをストリーミング配信するため、ズームした際も、低ビットレートで精細な映像配信が可能。映像の事前ダウンロードは不要。

舞台・コンサート・美術館等の文化的コンテンツの発信から、スポーツ・医療・建築・製造など、幅広い分野での導入を目指す。

発表ページ

https://www.astrodesign.co.jp/news/news-20200827-3982.html

 

8/20 Inter BEE 2020で国内外の撮影現場のプロによるオンライン講演「X-Cinema」を開催 日本映画撮影監督協会と日本映画テレビ照明協会が協力

 

issue001_feature01_body005

今年11月18日~20日に開催するオンラインイベント Inter BEE ONLINE 2020の特別イベントとして、新たに「X-Cinema」が開催される。国内外の映像制作の現場で活躍する撮影監督、照明技師などが登壇し、オンラインによる講演が実施される。

X-Cinemaには、日本の映画やテレビ、CMなどの制作に携わる撮影監督の団体「日本映画撮影監督協会」(JSC:浜田毅理事長、以下「JSC」)と、映画、テレビ、CMなどの照明技師の団体「日本映画テレビ照明協会(JSL:望月英樹会長、以下「JSL」)の協力を得て実施する。両協会に所属する会員が参加し、撮影現場の最新状況についての話題が取り上げられる。

記念すべき第1回となる今回は、黒澤映画の撮影技師を担当した後、数々の日本映画の撮影監督を担った後、自信も映画監督として「劔岳 点の記」「散り椿」などの映画を手掛けた木村大作氏や、映画「るろうに剣心」シリーズの撮影監督として、また日米の映画撮影で活躍中の石坂拓郎氏など、国内外の制作現場で活躍する撮影監督、照明技師が参加する。また、「コロナ後」の映像制作の現場について、JSC、JSLの関係者から現状と今後の展望などをテーマにしたセッションを計画中だ。詳細はInter BEE Onlineサイトで発表されるほか、HOTSHOT、dx-jamでも随時紹介していく。

X-Cinemaは、56年の歴史を誇る国際放送機器展 Inter BEEが今年2020年に初の特別企画として実施する催し。Inter BEEは長年、放送・映像機器の展示会として毎年多くの放送・映像関係者が集まるイベントで、毎年、幕張メッセの1-8ホールを使用し、昨年は約1500社が出展する。昨年は4万人が来場し、同時開催で実施されるセッションや特別イベントにも多くの業界関係者が集まり、国内外から200人以上のキーパーソンが集まる催しが開催された。今年は、新型コロナの影響でオンライン開催となり、X-Cinemaもオンラインのみでの開催となった。

Inter BEEの公式サイト「Inter BEE Online」(http://www.inter-bee.com/ja/)