JP EN

HOTSHOTYouTube配信番組 『DX jam』スタート
#001

HOTSHOT DX note でも記事配信スタート
https://note.com/hotshot_dx/n/nb1866cc926d6?fbclid=IwAR1FDHqzDPEoucbzTap4YQ4NVkkTrQyptsz28U1eJJqToBEG0huekTQrUHE

5/26   ARRI ALEXA 誕生から10周年

ARRI Alexa LF& MiniLF

5月26日 ARRI ALEXAが発売から10周年を迎えた。

2010年の夏に発売されて以降、世界のフィルムメーカーに愛され続けているシネマカメラALEXAは、カメラ内ProRes収録、頑強なボディ構造、PLマウントレンズとのフィルムレガシーの継承などで世界の映画を撮り続けてきた。その後もアナモフィックに対応したALEXA XTシリーズ、 ARRI RAWや4K収録に対応したALEXA SXT、ドローン搭載可能なコンパクトな筐体のALEXA Miniなどを発表、2018年には、ラージフォーマットセンサー搭載のALEXA LFとフルセンサーイメージサークルに対応するシグネチャープライムレンズセット、そして2019年にはALEXA Mini LFなど、時代に沿った進化をしてきた。
2010年に初めてALEXAが使用された映画「ヒューゴの不思議な発明(HUGO)」(撮影監督:ロバート・リチャードソン)以来多くの作品で使用されてきたその実績は高く評価されている。

ALEXAは当初、デジタルワークフローの煩雑さ惑わされていたメジャースタジオが、ProResで収録できることからその煩わしさから一気に解放されることで、メジャースタジオのマネジメントクラスから、特に評価を得たことで急速に浸透したと言われている。

ALEXA  10th Anniversary
https://www.arri.com/en/camera-systems/cameras/alexa-10th-anniversary

ALEXA 10 Years Showreel
https://www.facebook.com/watch/?v=277967833574556

5/28   ティ・ジョイ
抗菌・抗ウイルスコーティングを全劇場に実施

104147462_264279581475338_4113629068682693899_n

東映系映画館チェーン、ティ・ジョイは、新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う政府からの緊急事態宣言の発令を受け、営業を中止していた全国17ヶ所の劇場について、6月1日より営業を再開。これに伴い全国興行生活衛生同業組合連合会のガイドラインや、各都道府県の指針に準じた<従業員の健康管 理、消毒・清掃の強化、3 密の回避、換気、マスクの着用徹底、検温等の対策に加えて、病院施設等で使われている、触媒抗菌システムを全劇場にて実施している。

このコーティング処置は、光触媒 TiO2(酸化チタン)・抗菌触媒Ag(銀)・三元触媒Pt(プラチナ)の3種の触媒反応を組み合わせたコーティングで、各種ウィルス、菌の不活性化、生存時間の短縮に効果が認められているとのこと。このコーティングを全館の、劇場ロビーカウンター、発券機、シアター内の座席、手すり等に施した。

※ただし、すべての菌、ウィルス(新型コロナウィルス含む)を除去できるものではないとのこと。

<東京>新宿バルト9 、T・ジョイ SEIBU 大泉 、T・ジョイ PRINCE 品川
<神奈川>横浜ブルク13
<千葉>T・ジョイ蘇我
<埼玉>こうのすシネマ
<新潟>T・ジョイ新潟万代、T・ジョイ長岡
<大阪>梅田ブルク7
<京都>T・ジョイ京都
<広島>広島バルト11 、T・ジョイ東広島
<島根>T・ジョイ出雲
<福岡>T・ジョイ博多、T・ジョイ久留米、T・ジョイリバーウォーク北九州
<大分>T・ジョイパークプレイス大分

6月24日開業予定のT・ジョイ横浜についても、同様の抗菌・抗ウィルスコーティングを実施。

プレスリリースはこちら。
https://tjoy.co.jp/news/info/381

6/16  パナソニック
Lマウントシステム用交換レンズ「S-R2060」発売

103739497_555713318438067_1743832430589065926_n

パナソニックから、Sシリーズ用のLマウント標準ズームレンズ、LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6 を7月下旬に発売する。超広角の20mmワイド端から、標準域60mmまで幅広い撮影領域をカバーする。動画撮影においても超広角を活用したダイナミックな映像表現が可能、レンズ構成は9群11枚構成の光学設計で、非球面レンズ2枚を採用して球面収差を抑制するとともに、EDレンズ3枚を最適に配置することで色収差を補正、さらに高屈折率のUHRレンズの採用により、画面周辺まで優れた描写性能を発揮する。

製品サイト
https://panasonic.jp/dc/products/s_series_lens/lumix_s_20-60.html

6/17  三和映材社
COOKE アナモフィック/ iFF+ 1.8x レンズシリーズレンタル開始!

Cooke アナモフィック

三和映材社は、COOKE社のフルフレームセンサーサイズ対応アナモフィックレンズ「アナモフィック/ iFF+ 1.8x レンズシリーズ 40mm / 50mm / 75mm / 100mm レンズのレンタルを開始した。全レンズともT 2.3T 22で統一。フルサイズ 36×24mm対応アナモフィックレンズで、1.8x スクイーズ採用でピクセルの無駄を抑える。32mm135mmも近日入荷予定。

* ARRI ALEXA LF / ALEXA MINI LF / SONY VENICE は、カメラ内部での1.8x デスクイーズに対応。
https://www.sanwa-group.com/share/pdf/news/cn20-019.pdf

6/17  ローランド
VC-100UHD    ハイフレームレート入力対応 4Kビデオ・スケーラー発表!

ローランド VC-100UHD

ローランドから、4K/HDR時代に対応した新しいビデオ・スケーラー、VC-100UHDを発表。

同社独自の高画質映像処理プロセス「ULTRA SCALER」を搭載、ハイフレームレート HDMI 240 / 144 /120 Hz入力/スルー出力対応、1つの映像から特定の領域を切り出すROI機能、 Main、Sub、USB ストリーミングで同時に3系統の映像変換、多彩な映像処理 (ローテート、ディレイ、エンハンサー) 、オーディオは最大16chのパッチ、エンベデッド、ディレイが可能など、多彩な機能を搭載。
様々な解像度、色空間、ダイナミックレンジ、そして最大240Hzのフレームレートに対応する必要がある現在の映像変換のリクエストを、柔軟かつ高画質に処理できる製品。1つの映像信号から最大3系統の映像を変換してマルチに出力可能、大型LEDウォールへの映像出力やライブ配信、収録を1台で同時にこなす。

製品サイト
https://proav.roland.com/jp/products/vc-100uhd/?fbclid=IwAR3nbvP3sLpg1noyA4o3zm_srZQWof6jp8upM7fSyJ0-pD8mBydf3cT_hBE

6/18  キヤノン
EOS C300 Mark III 発売日決定

Canon C300MarkⅢ

ダイナミックレンジ16+ストップを有する、Super35mm DGOセンサーを搭載、4K/120Pを実現した、キヤノン EOS C300 MarkⅢの発売日が決定した。

EOS C300 Mark III
発売日:2020年6月18日(木)
2020年4月21日に同時発表した、シネマズームレンズ CN10x25 IAS Sは、7月上旬発売予定。

 

▼EOS C300 Mark III製品ページ
https://cweb.canon.jp/cinema-eos/lineup/digitalcamera/c300mk3/

▼EOS C300 Mark IIIリリースページ(リリースと画像がダウンロードできます)
https://canon.jp/newsrelease/2020-04/pr-c300mk3.html