JP EN

映像クリエイターのためのプラットフォーム「Vook」がビデオグラファー対象のイベントを渋谷ストリームで開催

UP

Vookは、4月15日(月)15時〜16日(火)19時に、東京・渋谷ストリーム4階・5階・6階のストリームホールで、ビデオグラファーと企業・学校10社以上が参加する「VIDEOGRPAHERS TOKYO」を開催する。
VOOKは、新しい時代の映像・動画クリエイターを対象とする情報共有プラットフォームや企業向けの採用サービス事業を展開してきた。2016年1月のサービス開始以来、ユーザー数は現在14万人を超えるという。VOOKが手がける初の催しとなる。
stream4F_A_0401

■「アジア最大規模のビデオグラファーの祭典」をめざす
主催者であるVOOKの代表 岡本俊太郎氏は、開催のねらいを次のように話す。
「ネットの利用拡大で成長しているウェブ動画市場で活躍するのは、小規模でかつハイクオリティな映像を作り上げるビデオグラファーだ。ビデオグラファーの企業側からのニーズは非常に高くなっている。しかしビデオグラファーという職種の若手制作者には、横のつながりがなく、 キャリアやノウハウの蓄積など、よりどころがない環境下にある。そうした課題に一石を投じるためにイベントを開催する」
「今回会場として、若手映像クリエイターが集まりやすく、また、動画を扱うIT系の企業が集積している地域である渋谷の最新ストリート、ストリームを選んだ。渋谷は、アジアからのクリエイターも集まるポテンシャルを持っている街でもある。今後は、日本だけではなくアジアのクリエイターも招致し、『アジア最大規模のビデオグラファーの祭典』を目指している」(岡本氏)

■「新たなビジョンを作れるイベントに」
岡本氏は今回のイベントで「ビデオグラファーが横で繋がり、新しいビジョンを作ることができるイベントにしたい」と言う。「今、映像制作の業界は、大変革期だといえる。同じ映像でも、さまざまな伝え方がある。ビデオグラファーにも、それぞれの個性や能力を生かすいろいろな働き方があるし、社会への貢献という点でも、そうした仕事を通じたさまざまな形がある。映像を志す人、やってみたい人は一度立ち止まってみて、考えるタイミングに来ている」

来場対象は初心者からプロの映像制作者まで幅広い。「全国のビデオグラファーに来ていただきたい。映像制作経験がなくてこれから目指す人でも、あるいは今、頑張っている人、プロとしてすでに仕事をしている人など幅広い経験やノウハウを持ったクリエイターに集まって欲しい。このイベントを通して、ビデオグラファーと共にさまざまなプロジェクトを実施したい企業とクリエイターが繋がり、同じビジョンを見ることができるようにしていきたい」(岡本氏)

stream4F_B_0401

■制作会社、メーカー、教育機関も参加
今回、イベントの主旨に賛同して参加する企業は、AOI Pro.、Amanaなど制作会社から、FUJIFILM、SONY、マウスコンピューター、ATOMOS、EIZOなどの機材メーカー、東放学園、デジタルハリウッド大学、東京工科大学、日本工学院専門学校などの映像系専門学校など多彩だ。

■最先端のクリエイターが登壇
会場にはテーマにあわせて「Red」「Blue」「Green」の3つのステージが設けられ、セッションが開催される。「Red Stage」 は、ビデオグラファーの未来を語るステージ。「Blue Stage」と「Green Stage」は、 制作のノウハウやキャリアについて考えるステージだ。

vook2

登壇者には、NTTドコモ TVCM「森の木琴」がカンヌライオンズをはじめとした20を超える国際的な賞を受賞したドローウィングマニュアルの菱川勢一氏、星野源、Mr.Children、米津玄師、RADWIMPSなどのMVを作る林響太郎氏、ミレニアム世代向けの動画プラットフォームONE MEDIA 疋田万里氏、YoutubeやInstagramなどで注目を集めるVlogの第一人者の大川優介氏、ウェディングムービーの第一人者シネマティックデイズ牧田浩平氏など様々なジャンルの映像制作者が登壇する。
またAOI Pro.やアマナなど制作会社側も登壇し、ビデオグラファーについて語る。

VOOK3

■多彩なワークショップや相談会も開催
そのほか、映画のセッションやビデオグラファー初心者向けの実践型ワークショップ、外部モニタなどの機材の使い方、PCの選び方、カメラマンに特化した筋トレWSなど、様々なコンテンツを用意しており、2日間ビデオグラファーが最高に楽しめる仕様になっている。
展示会では、FUJIFILM、SONY、ATOMOS、マウスコンピューター、EIZOなどのビデオグラファーに向けた機材を実際に試すことができる。

ビデオグラファー向けに相談会も行われ、札幌国際短編映画祭キュレーター本間氏などが、映画祭の選び方などをマンツーマンで指導してくれるコーナーもある。
16日夜には「ポートフォリオナイト」が開催され、プロデューサーとビデオグラファーのマッチングをし、仕事をその場で生み出すような取り組みも行う。

イベントは、申し込み制となっており、アンケートに答えると無料で参加できる。申し込みは以下から。
https://vook.vc/vgt