JP EN

話題のトライアルレンタルって何?

- 時代に呼応する機材導入のための新しい購入システム  -

毎年のように新しいテクノロジーと、それに対応する機材が湧き出てくるシネマ業界。実質2、3年が現役通用年数と言われる現在において、機材購入のタイミングも難しい。ここに新たなソリューションとして購入をレンタルと組み合わせ画期的な購入システムが登場した。それが株式会社RAIDが提案する「トライアルレンタル」だ。
個人・法人のカメラマンや制作会社向けに、指定機材を購入前に一定期間レンタルすることで、そのレンタル時間相当分のポイントを値引きした価格で購入できるもの。販売価格の最大50%=半額までポイントで割引可能だ。
メリットは大きく2つ!

1つ目はプロジェクトごとの機材予算でレンタルした場合でも、トライアルポイントが付与されるので、会社・個人によらず、仕事単位でレンタルしてもポイントがたまる。
2つ目はレンタル期間で何度か操作に使い慣れた機材を、そのまま自分のものとして最大半額で購入できることだ。
さらにそのレンタル料金も「トライアル金額」という特別料金が設定され、通常のレンタル料の約半額程度と破格。さらにポイント還元率は100%で、30,000円でレンタルした場合、30,000ポイントが付く。
対象商品は現在のところ、REDのカメラブレイン現行4製品に限るが、2019年5月からは同社取り扱いのSmall HDとBOLTもこの対象になる。(一部、REDカメラとは異なるポイントシステムを構想中)

激しい技術革新の過渡期といえる現在において、このトライアルレンタルを上手く活用することで、最新の技術とワークフローの試行錯誤を続けるクリエイターにとっては優位な状況を作ることができる。同時に、メーカー、販売会社にとっても、この仕組み自体が大きな競争力になる可能性もあるだろう。
issue011_tie-up_body001

RAID_sampple

株式会社RAID 代表取締役 板倉 正幸 インタビュー

 

IMG_4494○「トライアルレンタル」発案の理由は?

ここ数年、商品のライフサイクルは一段と短くなっています。同じメーカーからも多数の商品が次々と登場している中で、どの商品をどのタイミングで購入するかの判断がこれまで以上に難しくなっています。そうした中で、ユーザー様から、機材の購入を決定するまでの検討期間、カメラを使用したいとのご希望が多かったので、このしくみを考えました。

レンタルで貯まるポイントが、2種ありますね。

ご購入とともに、レンタル費用も通常のほぼ半額程度なのでレンタル時についても、とてもお得ですし、レンタル時に使用する周辺機材にも、別途通常のレンタルポイントもつきますので、そちらも機材購入時にご利用いただけます。

現状RED Digital Cinemaの4製品のみが対象ですが、今後は?

トライアルレンタルについては、RED Digital Cinemaの4製品のみですが、5月からSmall HD社の全製品を対象にしたSmall HDポイントと、Teradek社のBOLT関連製品を対象にしたBOLTポイントを随時開始していきます。REDのトライアルレンタルは、対象商品をあらかじめ1機種に設定して頂きますが、Small HDポイント、BOLT製品対応ポイントは、それぞれの全商品トライアルレンタルポイントが加算、使用できます。

※Small HD、BOLTに関してはポイント還元のシステムを検討中。NAB発表製品の出荷のタイミングで開始する計画で、2019年7月中を想定。