logo_ver_tri
logo_hor_tri
  • ALL

    すべての記事をみる

  • NEW

    新製品 & 業界ニュース

  • HOTSHOT

    いまHOTSHOTな人に注目

  • FEATURE

    特集

  • IMAGI

    イマジネイティブ・アート

  • COLUMN

    コラム

  • UNIQ

    製品レビュー & テストレポート

  • TECH

    メーカーインタビュー & 技術解説

  • TIPS

    One Point of View

  • EDIT

    編集 & ポストプロダクション

  • TOPICS

    インフォメーション

Canon
EOS R

キヤノンのミラーレス一眼の最上位ラインナップとして登場、約3030万画素35mmフルサイズCMOSセンサー採用。新開発RFマウント採用で、EFマウントの大口径54mmを継承。4K・UHD(3840×2160)と、FHD/60P、HD/120P、さらに4Kタイムラプス動画が記録可能。また4K動画からのフレーム画像切り出しを約830万画素(3840×2160)のjpeg画像として保存可能。ファインダーをのぞいたままでも動画撮影が行える。専用マウントアダプターによりEFレンズにも対応。
製品サイトはこちら
issue009_new_body001

Canon
XF705

8bit 4:2:2 50MのHDスタンダードカメラとして、欧州を中心に世界の放送局に導入されたXF305の後継機種。新ビデオフォーマット、XF-HEVC(H.265)を採用、4K/60P収録可能で10bit 4:2:2、デュアルピクセルCMOS AF、Canon Logも搭載ほか、HDR映像をカメラ内でSDカード収録も可能。
製品サイトはこちら
issue009_new_body005
issue009_new_body006

FUJIFILM
X-T3

動画性能も4K/60p 10bitで、DCIとUHDどちらの4K規格でも60P記録対応、2610万画素の裏面照射型X-Trans CMOSセンサーとX-Processor 4の新しい高速クアッドコアCPUを搭載。本格的な動画撮影が可能になったX-T2の後継機種。同社独自のフィルムシミュレーションでは、X-H1と同じエテルナを搭載し、信頼性の高いAFも実装。F-logガンマプロファイルを内部記録・外部出力で使用可能。
製品サイトはこちら
45872635_286178118676872_4660190475670519808_n

SIGMA
28mm / 40mm / 105mm Cine Lens

「SIGMA CINE LENS」の FF High Speed Prime Lineに新製品として、FF High Speed Prime Line: 28mm T1.5 FF、40mm T1.5 FF、105mm T1.5 FF の3本を発表。ラインナップは全部で10本となる。対応マウントはPL、EF、Eマウント。また同社のシネマレンズは、2018 年に ARRI 社 より発表されたラージフォーマットセンサー用のLPLマウントが追加され、レンズデータシ ステム LDS-2 にも対応を発表。
製品サイトはこちら
issue009_new_body002
issue009_new_body003
issue009_new_body004