logo_ver_tri
logo_hor_tri
  • ALL

    すべての記事をみる

  • NEW

    新製品 & 業界ニュース

  • HOTSHOT

    いまHOTSHOTな人に注目

  • FEATURE

    特集

  • IMAGI

    イマジネイティブ・アート

  • COLUMN

    コラム

  • UNIQ

    製品レビュー & テストレポート

  • TECH

    メーカーインタビュー & 技術解説

  • TIPS

    One Point of View

  • EDIT

    編集 & ポストプロダクション

  • TOPICS

    インフォメーション

「相棒 Season 17」にAU-EVA1 投入!

- デュアルネイティブISOと機動性など総合的メリットで採用 -

HOTSHOT編集部

UP

issue009_column07_body001
10月17日から始まったテレビ朝日系の国民的TVドラマ「相棒」。2000年から続くこのシリーズも17シーズン目に突入し「相棒 season17」として、主演の水谷豊演じる杉下右京と、今年で4シーズン目のコンビを組む、反町隆史演じる冠城亘(かぶらぎわたる)が次々に難事件を解明していく。17年経つ今でもその人気は絶大で、初回、2回目ともに視聴率は17%を超え、本年10月スタートのTVドラマではNo.1視聴率をマークしている。
そしてこの「相棒」シリーズでは、撮影技術や制作ワークフローにおいても常に新しいテクノロジーをいち早く取り入れて来たことは有名だ。初のファイルベース化、初の4K収録~仕上げ~劇場上映、また昨年の本誌HOTSHOT#02では、劇場版 相棒Ⅳを取り上げ、2Kでも階調重視のコンテンツ創りの工夫を紹介した。
最新のseason 17では新たに、Panasonic AU-EVA1をメインカメラとして導入、小型で高性能なシネマカメラが、TVオンエアクラスでも充分通用する実力を見せている。
AU-EVA1採用の理由とその思惑とは?撮影監督の会田正裕氏(アップサイド)に聞いた。
issue009_column07_body003

撮影監督
会田 正裕氏(アップサイド)

EVA1をTVシリーズの「相棒」に投入した理由は?

今回のAU-EVA1(以下、EVA1)採用を知って、業界の方なら「相棒」クラスのTVドラマならもっと上位クラスのカメラを使えば良いのでは?という意見も確かにあるでしょう。「相棒」というコンテンツにおいて、「進化」は以前からの合い言葉です。でもそれは決して新しい機材を毎回導入することを意味しているわけではありません。しかし現状維持が後退に等しいことは、どの仕事にも当てはまることで技術や映像面で言えば、「相棒」では常にトレンドを意識し作品の品位を維持しながら、僕自身も提案者のポジションを目指しています。今回の採用は、現状を取り巻く様々な状況から、結果的にEVA1を選択したというのが正しい理由です。
現在当社(アップサイド)では、TVドラマを月10~15本制作しています。しかし年々TVドラマの制作予算は厳しい状況になっています。一方で、ハリウッドでもNETFLIXなどOTTのコンテンツはすでに劇場映画クラスのクオリティ+4K納品、しかも短い制作期間が条件という状況です。そんな中で日本の連続TVドラマ制作の世界でも、そろそろ映画クオリティのものを作っていかねばという気持ちはあり、それは私だけでなく番組のプロデューサーたちも、TVがいつまでもTVっぽいのもどうか?という感覚になってきています。しかしこれまではどうしてもポストプロダクションの時間や制作方式の違いでそれを実現することが難しかった。そこにEVA1のような小型高性能なシネマカメラが出て来た。さらに過去のレンズ資産やワークフローを大きく変更することなく、高品位な作品制作が出来る環境が出来たことは大きなことです。事実、EVA1はEFマウントなので初回の撮影では、EVA1 × 2台に、キヤノンCN7×17 KASをメインにして、あとはEF70-200mm、単玉でも35mm、50mmだけというコンパクトな撮影機材で撮り切っています。
また撮影部も近年、1ユニットの人数が限定される現場も多く、さらにいま女性スタッフがとても増えています。その点においても小型カメラの方が機動性もよく身体的負担も軽いので、EVA1はその意味でも導入の決め手になったといえます。

シネマカメラを以前から導入していますが、そのメリット/デメリットは?

issue009_column07_body004
EVA1に変更した大きな理由は、デュアルネイティブISO機能と出力されるRec.709の映像が以前より非常に良好だったことです。特にデュアルネイティブISOがあることで、最初からISO2500を前提に照明プランを組み立てられるので、単に増感特性がいいというだけではない現場でのメリットが生まれました。増感特性が良いことでプラクティカルライト(制限できない街の光など)の表現も以前よりとても自然な表現が可能でした。特に僕が担当する回では、撮影監督方式で撮影しているので、以前とは使用するダイナミックレンジを変えて、照明もより映画仕様に細かく作り込んでいます。感度的にもISO3200くらいまでは悩まず使えたし、最大ISO5000までは使っています。またベース感度ISO2500にすることで、大きな面光源のライティングでも少ない照明機材でも成立できました。今回はAVC-Inter100/V-Log使用/カラーセッティングも一番柔らかいeV-LOOK1で、メディアはP2モバイルに収録していますが、色域や階調も思った以上に広いのでカラーグレーディングもとてもやりやすくなりました。また現場でも監督が完成品に近い画と音を要求されるのがTVドラマですが、タイムコードも含めて、ワークフローも以前より簡素化でき、現場を作りやすかったことが上げられます。
逆に「相棒」のような刑事ドラマではフラッシュシーンやパニングのシーンも多く、ローリングシャッターのCMOSセンサーカメラには厳しいシーンも多いのは確かです。シネマカメラはどうしてもカメラからの出力で多重ケーブルになる問題も大きいですね。
ただし、TVドラマというのは単純に画質が良ければ作品が良くなる訳でもなく、ましてや視聴率も上がる訳ではありません。コスト面、機動性、汎用性、そしてそのTVドラマにあったワークフロー構築が可能かどうか?撮影技術の総合的なプロ視点から、今回はEVA1が採用されたという訳です。

現状のTVドラマ制作の問題点とは?

issue009_column07_body002
成長するのは機材だけではありません、いまドラマ作りの現場の様々なパートで進化が起きています。高解像度になれば、美術やメーク、ライティングなど様々な部分で求められる物もより高度になり、時間や予算がかかってくる場合が多くなります。反面、予算的には厳しい状況にあり、その差をどうやって埋めるのか?となれば、撮影日数を極限まで詰めたり、一日の撮影分量を増やします。幸い「相棒」は理想的な環境の元で撮影が行われています。

今後、小型シネマカメラに次に求めるものとは?

理想のカメラとは、フィルムカメラの時代のように、カメラ本体の大きさが変わってもフィルムとレンズが同じであれば、ほぼ同等の画を得る事が出来るカメラのことです。これは様々なカメラワークや条件の中で撮影する映画やTVドラマではとても重要な事だと考えています。さらに先述のように昨今は女性スタッフも増えており、作品によっては撮影部の構成人数も少なくなっています。しかし、それらは一概にマイナス要素とは限りません。カメラ本体の小型化は、三脚など周辺機器の軽量化や、予算節約に大きく影響します。また作品のクオリティーは機材の性能だけが支えているわけではありません。確かにEVA1で撮ることの問題も残っていますし、本来であれば「相棒」は、通常ならVARICAM LTがベストチョイスだと思います。しかし、それでは現状維持と同じで、スタッフや後輩たちにも高性能小型カメラ導入のメリットを説いて、現場を牽引することは出来ないと考え、あえて誰も想像していなかった選択をしたのです。実際の撮影において、多少の諸問題発生していますが、今回のチャレンジの意義を考えれば些細なことです。そういった考えのもとで作品におけるカメラ選びは「バランス的に優位かどうか?」が最も重要な判断だと考えています。
issue009_column07_body005